ホーム > マッサージ > 「自律神経の乱れ」にきくツボマッサージ

「自律神経の乱れ」にきくツボマッサージ

きょうび、目ぇまやーや手ぇ足のしびれ、イライラ、喉の奥にできもんがあるやんうな錯覚を受ける…っていった症状やらなんやらに悩まされていまへんか。各医療機関せやけど特に問題はなかったけどやらしいな症状だけがぁ続く…もしかやるってそら自律神経の乱れからくるもんやろなしれまへん。さてそもそもその自律神経ってはなんやさかいしょうか。

「自律神経」っては、内臓やリンパ線、血管やらなんやらおのれの意識っては関係がなく働おっておる神経系のこってでぇ、代謝や分泌、呼吸やらなんやら体内でぇ生きる為の必要な活動を行っとる神経をさするわ。その主な中枢は視床下部ちゅう間脳の一部にやり、この視床下部は体温調節をはじめ代謝や睡眠やらなんやらの調整をつかさどるんや。その自律神経っては交感神経って副交感神経のそれぞれの働きにやって生命の活動をしてんねんが、このバランスを崩すこってでぇ自律神経が乱れ、やらしいな症状が出てなおすのや。症状やその度合いは人それぞれやけど、どなたはんせやけどちびっとした疲れから、おこるこってもあるんや。そのちびっとした不調をツボマッサージでぇ緩和させまへんか。

まず、「自律神経」にきくツボってして「労宮(ろうきゅう)」ってやばれるツボがあるんや。この「労宮(ろうきゅう)」は、手ぇを軽くにぎった際に薬指の先かてが当たる位置にツボがやり、このツボのマッサージを施すこってでぇ血行をようし疲労を回復させ、自律神経のバランスを快方にむかわせる作用があるんや。同じく血行をようやる作用がやるツボってして、内うめぼしの真下に位置やる「照海(しょうかい)」ちゅうツボをマッサージすんねんもええでっしゃろ。また、イライラっていった気持ちを落ち着かせるツボってして「神門(しんもん)」ちゅうツボをマッサージやるってイライラが軽減されます。その「神門(しんもん)」のツボやけど、手ぇのひらを開き、手ぇ首関節の横じわって小指の延長線が交差やる位置にあるんやさかい、へーこいてプーよにマッサージでぇきますやな。

もちろん、この自律神経の乱れの原因はストレスからくるもんだけぇでぇなく、不規則な生活や運動不足、エアコンの長時間使用にやって生体リズムを崩しとるこってもやるさかい、自己の体温調節や軽度な運動やらなんやらも含めて体調を整えていきまひょ。

また、症状に変身がへんさかいやれば、いっぺん、神経内科の先生って相談してみまひょ。

東京で大流行のマッサージの全貌


タグ :